最近の出会いと結婚事情

最近の日本はいわゆる結婚適齢期に差し掛かると結婚相手を探す必要があります。別に結婚する意思がなければ無理してまで探す必要はありませんが、やはり周りが続々と結婚したりする理由で結婚を強く意識するようになります。

お手軽に結婚相手を探すには出会い系サイトに登録すると良いと思います。結婚相談所は数十万もの大金を必要とされる場合があるので、無料から高くても1ヶ月3000円くらいの出会い系サイトの方が現実的なようです。

もっと確実に結婚相手を探す方法は親や上司などが持ってきた縁談に乗る形でお見合い結婚です。当然無料ですが、親や上司に気を使う必要があるますね。

このように出会い系サイトであれ、見合い結婚であれ、結婚適齢期に結婚相手がスムーズに見つかる場合はそれで問題ないのですが、全員が必ずしもそうではありません。結婚する意思はあっても結婚相手が見つからないという人は実に多いのです。

戦後、結婚が自由になったものの、結婚相手を探すことも自己責任の時代となりました。自己責任というと聞こえは良いですが、要するに結婚相手は自分で見つるということです。見つからないとしても、誰も知りませんよということですから異性とコミュニケーションすることが苦手という人にとっては厳しい時代です。恋愛ごとの特徴として、少数の“モテる人”に多くの異性が集まってしまうという傾向があるのでそれにその他の方はどうしても負け組のようになってしまいます。

そこで、気軽に登録できる出会い系サイトを使って、メル友でも友達でも良いので異性の方と繋がり持つことによって、コミュニケーションを向上させると良いと思います。結果、良い出会いの確率が高まっていくと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:出会い系サイト

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ