結婚相談所での失敗談

「結婚相談所に入会すると結婚できない」という言葉があるのをご存知でしょうか。結婚を目的としているから結婚相談所に入ったのに、結婚できないとは穏やかではありません。これはどういう意味なのでしょうか。

結婚相談所に入会すると、人によって個人差はありますが結婚相談所の努力もあってたくさんの人が紹介されます。結婚相談所を利用する人というのはそれまであまり異性と積極的な交際をして来なかった、または異性との縁が薄かった人が多いのが実際です。そんな人にとって、結婚相談所から次々紹介される人というのはこれまで経験がないに等しいことです。これが反動となってしまうのです。

また、結婚相談所にあまり若い年齢から入会している人というのは少数です。若いうちは結婚に対する意識も希薄ですし、仮に結婚願望が強いのに相手に恵まれないとしてもまだ若いから今後何とかなると思っている人も多く、結婚相談所は結婚適齢期の中でも年齢の高い人が多く在籍しています。そんな人の思考パターンも悪影響を及ぼします。「いい人と巡り合うために、この歳まで頑張ってきた」という意識があると、どうしても理想が自ずと高くなってしまいます。この気持ちは人間心理として理解できます。年齢が高くなるまで独身だったことが最終的に報われることを願っているからです。

さて、このような状態でお見合いをしたとすると、少々いい人だったとしても「もっと理想の人が居るのではないか」と思ってしまうのです。しかもたくさんの人とお見合いを重ねていくとどうしても比較になってしまい、「今回の人は前の人よりこの部分は良いが、別の部分では前回の人のほうが良かった」などと、慎重になりすぎてしまうのです。恋愛結婚であればそんなことを考えるヒマもなく愛情で突っ走ってしまいますのでこんなことはあまり意識しません。結婚相談所を利用してじっくりと結婚相手を探しているが故に出てきてしまう思考です。

ですが時間は確実に経過しますから、年齢とともに自分自身の結婚に対する可能性が下がってきてしまい、理想との乖離が大きくなります。この悪循環こそが一番最初に述べた言葉の根拠です。確かにこのスパイラルに陥ってしまっている人は少なくなく、これから結婚相談所を利用しようと考えている人にとってはいい教訓だと思います。先ほどご紹介した例のような人の多くはほとんどの人が最終的に「最初に会った人が一番良かった」と言うそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:結婚 結婚相談所

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ